犬の新型コロナ 犬から人に感染するのか?

スポンサーリンク

国内初、犬に新型コロナ

みなさんこんばんは!筆者のシグです。

今回は国内で初めて、犬に新型コロナ陽性が出たため記事を執筆しました。

ニュースの概要と、果たして犬から人間にコロナが感染するのか、考察していきます。

目次

ニュース概要

検査で陽性が確認された所は、ペット保険会社である「アニコムホールディングス」という会社です。

この会社は4月から感染者のペットを無償で預かるという事業を展開していました。

同社は新型コロナに感染した2世帯から7月下旬、それぞれ1匹ずつ預かっていました。

2匹は今月3日までに複数回実施したPCR検査で陽性となりましたが、2匹とも健康状態に異常はなく、1匹はすでに陰性に転化しています。

現在は2匹を隔離しており、通常通り世話を継続しているとのことです。

犬→ヒト感染するのか

まず厚生労働省の令和2年7月7日におけるQ &Aに記載されている内容では、

「これまでに飼育しているペットから人間に感染したという事実は認められていない」

とのことです。

しかし人間からペットに感染するという報告は少なからず何例か確認されているそうです。

よくある1例として、コロナに感染した動物園の飼育員が、園内のトラやライオンに感染させていたという事例が報告されています。

 動物→ヒトは確認されていない。一方ヒト→動物は報告されている。
では動物から人間への感染の心配は全くないのだろうか。
ある施設の実験では、ネコのコロナウイルスに対する感受性の低さ(即ち、コロナに感染しやすい)を指摘しています。
ネコは他の動物に比べてコロナに感染しやすく、他のネコに感染させ得るという結果が報告されています。(ネコ→ネコ感染はあるらしい)
またオランダのミンク農場で、飼育していたミンクがコロナウイルスに大量感染した事例では、ミンクから人間にウイルスが感染した可能性のある事例が報告されています。
このような実験や世界の感染例報告によっては、ウイルスが動物から人間へ完全にうつらないとは断定しがたいもと考えられます。
しかし現在の全世界の新型コロナの感染様式はあくまでヒトーヒト間の「飛沫感染」です。
8月2日の時点で全世界では既に1800万人弱の感染者が発生しています。この膨大な感染例の中で果たして動物から人間に感染した例は0なのでしょうか?
検査は人間に絞って行われることが多いため、動物界でのコロナの感染数は完全に未知数です。
誰も野生の動物がコロナに感染しているなどといちいち疑う人はほとんど皆無でしょう。
みなさんが何気なく触れ合っていた動物が実際はコロナ感染しており、知らぬ間に感染、もしくはベクター(媒介者)となっている可能性も否定はできません。
もしかしたら現在問題となっている「感染経路不明者」の1部も、動物が知らぬ間にコロナを媒介していた、、、なんて恐ろしい事象も完全に否定はできません。
ただ、厚生労働省の見解ではコロナウイルスが動物からヒトに感染することは確認されていない、ということなので

実際そうであるようにと願うことにしましょう。

以下は厚生労働省の動物コロナの見解です。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/doubutsu_qa__00001.html

もし動物から感染することが分かっても、対応を変える必要はありません。

とにかく今まで通り「手洗い」を徹底しましょう。

まとめ

今回は国内で初めて犬に新型コロナ陽性が認められたことに関して記事を書きました。

感染が確認された会社は、4月から無償で感染者のペットを預かるサービスを展開していたとのことです。

このサービスは感染者の不安を軽減する点や、ペットの命を守る点で大変素晴らしい事業サービスだと思います。

今回の事態が早期に収束し、同サービスを発展させて欲しいと筆者も願っています。

そして一刻も早く、マスクのいらない世界が戻ってきて欲しいと切に願うばかりです。

シグ

スポンサーリンク

この記事を書いた人

関東在住の医学部5年大学生
現在は趣味のドラム片手間、アメリカ医師国家試験、ファイナンシャルプランナー合格に向け奮闘中です!
少しでも最新医療トピックや生活で役立つ思考プロセスなどの有益な情報を発信しています!

スポンサーリンク

目次
閉じる