人気ドラマ「半沢直樹」の2期放送が遅れた理由とは?

スポンサーリンク

現在最も人気ドラマである「半沢直樹」。第1シーズンは2013年に放送され、大和田常務の土下座で有名な最終回の最高視聴率は42.2%という驚異的な記録を残しました。

平成で最も人気だったドラマでしたので、当然第2シーズンもすぐに到来するものと考えられていました。しかし次回作の情報は中々出てこず、結果、放送まで約7年間とい長い年月を費やしました。

どうして第2シーズン放送までそれほど長い時間がかかったのでしょうか?今回はその理由について考察していきたいと思います。

第1シーズンから7年!「半沢直樹」第2シーズンはどうして遅れたのか?

本記事は上記の疑問について考察しています。

目次

堺雅人の「半沢直樹」としてのキャラ固定を事務所が懸念

第2シーズンの放送が遅れた理由の1つとして、「堺雅人が所属する田辺エージェンシーの意向が障壁になった」と関係者が言葉を漏らしていました。

立て続けにドラマを放送すると「半沢直樹」としての強烈なキャラ印象が堺雅人についてしまうことを事務所は懸念していました。半沢のイメージが根強くついてしまうと、今後の別の役でのオファーがきづらくなったりするため、堺雅人自身や事務所のギャラを守るためにもスパンを空けて放送する方が望まれたようですね。

これは半沢直樹に限らず、役者さんは固定概念がつくことを避けたいようですね。実際に人気ドラマ「ドクターX」で強気な大門未知子役を演じていた米倉涼子さんも、ドクターXを続けることを敬遠していたそうです。

例えいくらドラマが人気になったからといって、役者さんはそのドラマを続けたいと思わないこともあるようですね。確かに役者さんはそのドラマだけが一生の仕事ではないので、長期的な目線で見ると、続編ドラマのスパンを空けた方が良いというのも納得がいきます。(視聴者にとっては非常にうずうずしますが…笑)

堺雅人と福沢克雄監督との間に演技の「溝」

他の理由として、堺雅人と演出を務めるTBSの福沢克雄監督との間に演技についての溝があったとTBS関係者が語っていました。意見の食い違いで喧嘩し、撮影がストップすることは日常茶飯事だったそうです。

お互い譲歩なしで良い作品を作ろうという姿勢がぶつかり合い、和解に至るまでに時間がかかったそうです。

幾度の喧嘩や撮影ストップを経てあの面白い1話1話が制作されていることを考えると、さらに深くドラマを楽しめそうな気がしますね!きっと第2シーズンの放送時期についてもいろんな意見の末に決定されたことなのでしょう。

絶対に成功させたいTBSは上戸彩に破格のギャラ提示

7年もの末に放送決定となった「半沢直樹」ですが、TBSの佐々木卓社長は「今年は半沢直樹に尽きます」と語るほど本ドラマに力を注いでいる。そのためには第1シーズン同様の出演者の協力が必要不可欠であり、ギャラ好待遇で各事務所を打診しています。その1例として上戸彩さんの好待遇が記事になっていました。

上戸彩さんは現在子育て中という忙しい身であるにも関わらず出演をお願いするため、TBSは1話収録あたり400万円前後の破格のギャラを提示しています。

週1の収録かつ実働時間は約4時間ほどであるため、時給換算すると1時間あたり100万円の勤務となります。

時給100万円の仕事は大変驚きですが、上戸彩さんの変わらない人気っぷりやCM起用などを見ると、納得が行ってしまいますね。所属事務所に対しても、自分を売り出してくれた「恩返し」ができていますね笑

まとめ

今回は人気ドラマ「半沢直樹」の第2シーズン放送まで7年もの月日を費やした理由について考察しました。

制作側には「役者の固定概念がつかないように…」、「監督との意見の食い違い」といった様々な事情があるのだなと改めて実感しました。また上戸さんのギャラにはびっくりでしたね!

これからそのような制作の「裏」事情を踏まえつつドラマを見ていくと、また違った楽しみ方ができるのではないでしょうか?

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました!また別の記事でお会いしましょう!

スポンサーリンク

この記事を書いた人

関東在住の医学部5年大学生
現在は趣味のドラム片手間、アメリカ医師国家試験、ファイナンシャルプランナー合格に向け奮闘中です!
少しでも最新医療トピックや生活で役立つ思考プロセスなどの有益な情報を発信しています!

スポンサーリンク

目次
閉じる