【絶対感染したくない感染症‼︎ 5選‼︎】 

スポンサーリンク

絶対に罹りたくない感染症❗️

皆さんこんばんは!!コロナウイルスが日増しに世間を騒がせ続けている今日この頃ですが、今回はコロナに因んで感染症に関するトピックをご用意いたしました❗️

とういうことで、今回の記事は「苦痛を味わう感染症」をメインに扱って行きます❗️

単に「致死率が高い」、ではなく苦痛度が高いをメインとしてます。また

意外と身近に潜んでいる感染症を列挙しました!!

筆者が思う感染症ですので、「この感染症そんなに辛そうじゃないじゃん」と思っても目を瞑ってくださいね(笑)

それではそれぞれの病気を見て行きましょう‼️

 

目次

1. 赤痢アメーバ

赤痢アメーバとは主に同性愛者の性行為で感染しやすい病気です。

肛門から侵入した赤痢アメーバは肝臓に移動し、【膿瘍 のうよう】と呼ばれる膿の塊を形成します!

この膿瘍はアンチョビペースト状の膿とも称され、治療で膿を抜くと、茶色のような膿が大量に排出されます。色に反して膿は無臭です!

発熱などの全身症状も凄まじいため、必ず性感染の感染症対策を行いましょう❗️

 

2. HIV

HIVは言わずと知れた、性行為などで感染するウイルスですが、1度罹患するとほぼ一生付き合っていかなければならない感染症です

HIVウイルスは人間の免疫細胞を数年〜数十年かけて破壊し、最終的に免疫不全(AIDS)を発症します。

AIDSを発症すると感染症に罹りやすくなり、普段かからないような弱い病原菌ですら重篤な症状を引き起こします。

 

HIV感染→十数年後→AIDS発症→日和見感染

 

またHIVに感染すると、自然分娩は胎児感染を起こすため、必ず帝王切開をしなければならなかったり、母乳でも感染するため人工乳が必須となります。

現在はAIDSを発症する前に、抗ウイルス薬の服用することで発症を遅らせたり、免れたりできます。

しかし薬剤費が30万円と高額であり、確実に発症を防げるわけではないのでやはり感染予防が最も重要です。

 

3. デング熱

デング熱はヒトスジシマカという「」によって媒介される感染症です。

 

2014年の夏に国内でも流行したことで、まだまだ記憶に新しい方もいらっしゃると思いますが、世界別で見ると毎年約1億人の患者が感染しています。

デング熱は発症すると発熱や頭痛、骨や関節症、筋肉痛などをきたしますが、デング熱の恐ろしいのはこの発熱と骨痛です!

デング熱にはBone  Break  Feverとういう別名があるように、骨が破壊されるような痛みを引き起こすことで有名です‼️

 

また重症化すると死亡率は20%程度にのぼるとされ、かなりの苦痛を味わうことになります。

 

流行の注意喚起がなされたら公園などの蚊が多い場所へは外出せず、外出しても「手ぼそ」や「虫除け」をするなどの対策はしっかりと行いましょう!

 

4.  C型肝炎ウイルス(HCV)

C型肝炎ウイルスはその名の通り、「肝炎」を引き起こします。

主な感染経路は「刺青」「注射針の回し打ち→覚醒剤など」の針感染が主に挙げられます。

肝炎ウイルスはAからE型までの5種類ありますが、最も劇症化しやすいのは実はB型なんです。

しかしB型は適切な治療がなされれば比較的予後は良い感染症です。

一方C型は劇症化はあまりしませんが、高確率で「慢性化」します。この慢性化が厄介で、慢性肝炎に移行すると肝硬変を経て肝癌を発症します。

 

HCV感染→慢性肝炎→肝硬変→肝癌

 

なんと肝癌の原因の60%はこのC型肝炎ウイルスによるものと考えられています!

慢性肝炎に移行すると治癒率も著しく低下してくるため、早期のHCV感染発見や、清潔な針の扱いが重要となってきます。

5. COVID-19

最後を飾るのは今世間を賑わせている新型コロナウイルス感染症!!

新型コロナウイルスの正式なウイルス名はSARS-CoV2と名付けられています。また新型コロナによる疾患名をCOVID-19と定められています。

新型コロナによる症状は主に発熱などの全身症状に加え、呼吸器症状、味覚異常が報告されており、致死率は約4〜5%と考えられています。

 

感染しても無症状のことも多く、一見そこまで苦痛度は高くない様に見えますが、実は世間ではコロナ差別という現象が発生しています。

家族がコロナに感染していることが発覚し、同居人が陰性と発覚しても職場で不当な扱いを受けたり、最悪解雇されてしまうケースもあるそうです。

また感染経路が飲み会であったり、風俗、パチンコ店などであったりすると、世間のマスコミはこぞって報道の的にするでしょう。

 

新型コロナに感染することは感染による苦痛はもちろん、社会的立場の苦痛が非常に大きいと考えられます。

自分はもとより、家族を守るためにも必要最低限の外出にとどめ、不用意な外出は避けましょう。決して症状は軽い、などと侮ってはいけません‼️

 

まとめ

以上、絶対に感染したくない感染症 5選まとめてみました!!

このようなトピックは面白いと思うのでまた機会があればまとめてみようと思います!

その他質問や、まとめて欲しいトピックがあればTwitterの方からDMでもなんでもよろしくお願いしいます‼️

 

 

 

スポンサーリンク

この記事を書いた人

関東在住の医学部5年大学生
現在は趣味のドラム片手間、アメリカ医師国家試験、ファイナンシャルプランナー合格に向け奮闘中です!
少しでも最新医療トピックや生活で役立つ思考プロセスなどの有益な情報を発信しています!

スポンサーリンク

目次
閉じる